最先端のコミュニケーションに乗り遅れずにSNSが有効活用できる情報サイト

>

新たな切り口で人と人とのつながりが深まる

SNSとはどのようなサービスなのか?

SNSは新たな友人関係を、リアル(現実)の世界に加えて、インターネット上のウェブサイトのようなヴァーチャル(仮想)の世界でも構築が可能なサービスを展開しています。
このサービスを利用すると、友人・知人間に限らず、居住エリアや出身校、関心事、趣味などを通じて得た友達の友達、つまり、本人とはこれまで関わることがなかった人達とも関わりあう機会が広がります。

SNSには、主に三つの機能があります。
・ユーザーが実名でプロフィール、投稿記事、写真などを公開する機能
・自分の投稿に対する反応を把握したり、他人が発信した投稿にコメントするなど、インターネット上のコミュニティーを構築する機能
・参加するすべてのプロフィールやコミュニティーなどから必要な情報を検索する機能

投稿記事は友人あるいはグループ内のみでの発信に加えて、投稿者の許可がなければその記事に参加できないなど、情報の公開範囲を限定することも可能です。

SNSはどのようにすれば利用できるか?

国内で利用されている主なSNSとしては、LINE(ライン)やInstagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)などが挙げられます。
なお、Twitterの公式見解ではSNSではなく、通信網の一種と定義しています。

SNSへの登録は、そのウェブサイトからアプリケーションをダウンロードして、氏名やメールアドレス、そのサービス上で使用するユーザー名、パスワードなどを設定してアカウント(本人のみがアクセスを許される権利)を開設するのが一般的です。
その登録が完了すると、付与されたアカウントとパスワードを用いて、そのサービスが利用できるようになります。
なお、氏名は本名でなくてもよいSNSサービスもあります。
また、氏名やパスワード、ユーザー名は後で変更することができます。