最先端のコミュニケーションに乗り遅れずにSNSが有効活用できる情報サイト

>

SNSの仮想世界が健全に発展していくために不可欠なものとは?

SNSで守るべきルールやマナーとは?

SNSサービスを利用するにあたって、そのサービスそれぞれには必ず利用規約があります。
たとえば、Facebookの規約では一つの個人アカウントを開設して、それを複数人で自由に利用するような共有はできません。
このような規約はほとんどすべてのSNSで共通している部分もありますが、異なる部分もあるので複数のSNSを利用する際には特に注意しなければなりません。
仮に、プレゼントキャンペーンの応募条件を、該当するSNSページのフォローをすることとするのは、Facebookでは不可ですが、InstagramやTwitterでは可能です。

SNSには暗黙の了解としてのネチケットがあります。
これを軽視すると炎上(ネット上での失言をきっかけに非難が殺到し収拾がつかない状況)を引き起こしかねません。
他人のプライバシーや著作権を侵害したり、公序良俗に反することがないように心がけることが大切です。

ネットリテラシーに磨きをかける

SNSのようなネット情報とうまく付き合うためには、ネットリテラシーを欠かすことはできません。
ネットリテラシーとは、ネットの世界に溢れている様々な情報から正しい情報を選び出して活用できる能力のことです。
この能力を磨きながら、情報収集に有効なツールであるSNSを活用していきましょう。

ネットリテラシーは、ネット情報を受ける者だけでなく、発信する者にも求められています。
発信者のネットリテラシーとは、投稿の中身や表し方などをしっかりとわきまえられる能力です。
SNSで不用意に情報を発信することは極めて危険です。
受け手の立場も踏まえた上で投稿することが大切です。
SNSは不特定多数の人が目に触れる場合が多いので、公開範囲に留意しつつ、自身につながる情報の内容は限定するなどの対応をお勧めします。
自分の意見や考えなどを投稿する際には、一呼吸おいて見直すことを心がけるなど、特に気をつけましょう。